読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unknown

U10A10(ういおあいお)というライターが、『自分の疑問はみんなの疑問』と勝手に思い込んで記事を書いてます。様々な事を書いていますので、良ければ読んでみて下さい。ご意見やご感想頂けると大変励みになります。友人が少ないのでリンクやトラバ大歓迎ですのでお気軽にお申し付けください。

U10A10(ういおあいお)が自由気ままにやってるブログ

【時事ネタ考察】神宮外苑の火災事件について思う事

先日、東京の神宮外苑で行われたデザインイベントで、5歳の少年が火災で亡くなるという痛ましい事故があったのは皆さんニュースなどで沢山見られた事でしょう。
しかしこの報道を見て様々な気持ちや恐怖を感じた人がどれくらい居たのか?私は凄く気になりました。


<<学生が表現したかったものは?>>

私は高校・大学と芸術系の学校に通っていました。
その中で自身のセンスや信条等それぞれみんな表現者ですので、譲れない部分は持っているのです。
でも、その中で最も重要なものというのは『安全性』です。

どんなにデザインに優れていようが、美しかろうが、使い勝手が良かろうが、それが人の手に触れるものであれば「安全かどうか」を一番に考えなくてはならない。
そう先生には教えて頂きました。
卒業制作展のパネル展示の際には、自身達でパネルを作りましたがその際には、角を落としたりやすって怪我をしないようにする等の安全対策をするように言われたものです。
ただの「絵画」を展示するにしても安全に留意する必要があるんです。

そんな中、今回のこの工業大学が制作した作品が表現したかったのは一体なんだったのか?

①おがくずは必要だったのか?
②照明は遊具内に必要だったのか?
③固定する必要があったのか?
④避難経路を考えて設計していなかったのか?

そんな事が頭をよぎりました。

芸術作品として展示するには子供が入れるようにしたのは問題点と言えるし、照明を遊具内に入れるのも解せません。
遊具として展示するには、滑ったりする危険性があるおがくずが中に沢山詰められていたり、その中に照明を配置しているというのが解せません。
その両方を叶えるのであれば、おがくずの撤去、照明は本体を全体的に照らし死角を無くす程の光量を持つ投光器などを準備する必要があったでしょう。

また火災時に、子供が身動きできなくなってしまう状態になるというのは、ジャングルジムの構造上おかしいなと思いました。
公園にあるジャングルジムは、大人が入って子供を助け出したり出来る様に設計されているものです。
中に取り残されて、大人が外から助けられない、子供が自ら外に出る事も出来ない…そんな遊具があっていいはずがありませんよね。


<<出品者・主催者 どちらに責任があるのか?>>

これはこれから司法が判断して行く事だとは思いますが、どちらも責任はあるでしょうねやはり。

「何百という作品が展示されているからチェックなんて出来ない」なんていう主催者がやってるイベントに行きたい人なんかいないでしょ。
作り手側はやはり自身のコンセプトや造形にこだわりを持って出品するわけだからどうしても贔屓目が出てハードルが下がりやすくなるし、そこをチェックするのが提供する側である主催者がきちんと判断しないといけないんじゃないでしょうか。
大きなイベントであればあるほど、やはり安全性には注意して欲しいと思いますし。

火災が発生後も、場内にいる人たちには何もアナウンスせずいたあたりも自己中心的運営が見て取れるなと思いました。
「多くの方が楽しみにして来て頂いていたので…」なんて、人命は関係ないのか、って話ですよね?
テロ等が各国で騒がれ、先日は自爆自殺で複数人が巻き込まれた事件等もあったばかりなのに、怖い危機管理だと思いました。
お祭り会場で他のものに引火して巻き込まれた、なんて事件もあるし遠い近いではなく同じ会場内の事をしっかりと注意喚起してほしいと思うのは私だけ?


<<「ありのままの報道」は正義なのか?>>

私は今日、このニュースの内容をテレビで見ました。
しかし母が言うには、昨日のニュースでは父親が泣き叫んだり子供が中から引き出される所が報道されていた、と聞いて驚きました。
たまたま録画してあった昨日の報道番組では、確かに父親の悲痛な叫び声が、モザイク越しに聞こえて来て非常に胸が痛みました。

その映像はTwitter内にアップされたものだそうで、現場にいたらそりゃ映像を撮ろうと思ってしまう心理、凄くわかります。
自身もジャーナリストやカメラマンになりたいと思っていた人間なのでそういう心理凄くわかります。

でも、その映像をどう使うかはメディアが考えるべきものではないでしょうか?
Twitterでの拡散等は見たい人が見ようと思えば見れる環境だけど、テレビでは多くの人が見たくなくても見てしまう環境にある。
そういう部分で、やはりテレビメディアはその映像をどう報道するかをしっかりと考えなくてはいけないんじゃないか、と思う。

「人の死の瞬間」という刺激を提供する事で視聴率を稼ごうとする事程恐ろしい事ってないよな、と思った。


今回のこの事故、事故というにはあまりにも惨い事だと思った。
事故という言葉では括られない、行き場のない事件だと思う。
目先の安全性だけを考え、床に固定した事で子供が中に取り残され助け出せなかった盲点、それは人災としか言いようがないと私は思う。

このような事故、事件が今後起こらぬようにして欲しいと思う。