読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unknown

U10A10(ういおあいお)というライターが、『自分の疑問はみんなの疑問』と勝手に思い込んで記事を書いてます。様々な事を書いていますので、良ければ読んでみて下さい。ご意見やご感想頂けると大変励みになります。友人が少ないのでリンクやトラバ大歓迎ですのでお気軽にお申し付けください。

U10A10(ういおあいお)が自由気ままにやってるブログ

海外ドラマ『ハウスオブカード~野望の階段~』を見てアメリカ大統領選挙を知ろう

  

アメリカ大統領選がただの泥仕合になりそうな予感のするここ最近。
トランプかヒラリーか。
どっちにしてもアメリカのレベルが下がるのは目に見えているような気はするんだけど、まぁ日本にも女性都知事が誕生したわけだし、同じ女性としてヒラリーには頑張ってほしいと思う所。
でも前回オバマが凄い苦境の中、初めての黒人の大統領になった瞬間が感動的過ぎて、今回の大統領選が茶番にしか見えない…

ニュースでしか見ていないアメリカ大統領選挙
全く興味ないって人も多いかもしれないけど、アメリカと日本は実に近い関係にある国関係なので大統領が変わるというのは日本の安全保障にも関わる大事だという事は若い興味のない世代の人にも知ってて欲しい。

という事で今回ふと思い出しておススメしたい作品が。
これまで見た事の無いジャンルの作品だったのですが、とてつもなくドハマりした海外ドラマをご紹介したいと思います。
先程話したアメリカ大統領選挙に大いに関係あるお話です。

 

f:id:maimai08011218:20161020193037j:plain

 

『ハウスオブカード~野望の階段~』

(シーズン1あらすじ Wikipediaより)

主人公フランク(ケヴィン・スペイシー)はホワイトハウス入りを目指す下院議員。 大統領候補ウォーカー(ミシェル・ギル)を応援しており、彼が当選したあかつきには国務長官のポストをもらう約束をしていた。 しかし、大統領に当選したウォーカーはフランクを裏切り、別の人物を候補とする。 耐えがたい屈辱を味わったフランクは、NPO法人「クリーン・ウォーター」の代表を務めるキャリア・ウーマンである妻クレア(ロビン・ライト)とともに権謀術数を駆使してホワイトハウス入りを目指す。 フランクは記者のゾーイと関係を持ち、偽の情報を流して国務長官候補を陥れる。州知事の副大統領就任に伴う州知事選挙に、貸しのある議員ルッソを出馬させる。だが操れなくなると部下のダグ・スタンパーにコールガールのレイチェルを使ってルッソを陥れさせ、死なせる。副大統領に再び州知事選に出馬させ、自分が副大統領となる。

 

正直政治ドラマなんて全く見る気がなくて、「どうせ見ても意味わかんないんだろうし…?」と逃げ回っていたんだけど、デビッドフィンチャーが監督だったという事と、聞くレビューがほぼ全て「素晴らしい!」「次が気になる」というものだったので怖いもの見たさに見てみたのですが…

何故私はもっと早く『ハウスオブカード』を見なかったのか!!(大後悔)

という事になったのです。
私は試しにDVDを2巻借りました。
そのまま私はまたTSUTAYAへダッシュしましたよ(笑)
毎話毎話、気になる所で終わるのですよこれが…卑怯な手法だよフィンチャー先生!でもこれが海外ドラマの上手い所。
なので、見てみたいと思った方は是非まとめて一気に見る事をおススメします。

この作品の面白い所は、政治の世界を舞台にしているのに「人間ドラマ」として見る事が出来る所。
政治背景がわかると更に面白くなるのでアメリカの時事ネタを調べてしまう。
主人公フランクは、人から見るととても頼りになる参謀なんだけど内心の野心は誰にも負けない位どす黒く自分の行く手を阻む人間を一人一人様々な手法で破滅させていくんだけど、その手法の鮮やかさが秀逸で見ていて感服するばかり。
フランクはきっと悪役なんだけど、見ていると気付いたらフランクを応援しているしどこまで上り詰めるのかが楽しみで仕方なくなる。
そして、彼を取り巻く人間も様々な野望を少しずつ叶えて実現して行ったりするんだけど、それもまた伏線として張られていてその後に関わっていく…とストーリーのあちこちに細かい伏線がちりばめられているので中身の詰まった、重厚感のある作品に感じられる。
クオリティも最高に良くて、さすがデビッドフィンチャー、重厚感たっぷりでとても高級なものを味わっている気持ちを感じられる作品。

フランク演じるケビンスペイシーの演技が不気味で何を考えているかわからず、見ている人ですら彼の本心が謎のままストーリーを見守るしかない。
そして突然、衝撃的な事件が起こる。

彼が私たち見ている人間に話しかけて来る事で展開するそのストーリーも惹きつけられる魅力の一つ。

この世界に入り込んでいる実感を感じる事が出来るので不思議。
とりあえずシーズン1を見て貰えればこの作品の秘めた熱と欲望とドキドキがわかってもらえると思う。
またシーズン2では作品の訴える事が全く違うのでこれがまた面白い。

私はハウスオブカードのシーズン3がどうしても見たくてDVD化を何年も待った。
でも一向にDVDが出ないので痺れを切らしNetflix(この頃見られるのはここだけだった)に登録した。
しかし、その2か月後にDVDが出たっていう…

一気にシーズン3、4が出たのでこれを機に是非アメリカ大統領選挙がどういうものかアメリカという国家がどういうものかを覗いてみて下さい。
見始めるとアメリカ大統領選が少し違う角度で見られるようになると思いますよ。

 


ハウス・オブ・カード 野望の階段 シリーズ予告編 <30秒Ver>